匿名でも特定される危険性

誰が見ているかわからない

SNSは、ほとんどの人が匿名で使用しています。
ですから、誰が使っているかわかりません。
もしかしたら知らない間に、自分の知り合いが見ている可能性があるので、内緒にしたいことは呟かないのが無難です。
SNSで本業の他に副業として風俗で働いていると呟くと、他の情報と照らし合わせて個人を特定されることがあるので注意しましょう。

SNSがきっかけで、会社にもばれてしまうというトラブルが起こっています。
匿名だから、何を呟いても気づかれないと思わないでください。
不安な人は、信用できる人だけが自分の呟きを見られるように設定するのがおすすめです。
すると不特定多数の人に見られる心配がなくなり、より自分の個人情報を守れます。

事件に巻き込まれないように

本名や住んでいる地域など、重要な個人情報はSNSに書き込まないでください。
SNSでは後から呟いた内容を消せますが、誰かが見ていて写真に残しているかもしれません。
また自分の顔を載せることで、より個人を特定しやすくなります。
ですから、自分の姿を見せる行為は控えてください。
どうしても載せたい場合は、顔の一部を隠すなどの工夫をしましょう。

風俗で働いていることが本業にばれると、本業を辞めなければいけないぐらい大きなトラブルに発展します。
また真面目に風俗で働いていたとしても、風俗というだけで偏見の目で見る人がいます。
知り合いに気づかれたら面倒なので、このようなことに気を付けながら風俗で働いていることを隠し通してください。


▲先頭へ戻る